ドーパミン 性感マッサージ 幸せホルモン 脳内ホルモン セロトニン オキシトシン 神経伝達物質 キスシーン 脳内物質

女性用性感マッサージでドーパミンを増やそう

ドーパミンイメージ

ドーパミンは、恋愛と、そして、快感にも関係しており、脳の中のA-10神経といわれる神経を流れています。何かを見たり、感じたりしたときに、ドーパミンが放出されて、A-10神経の中を流れ、興奮が生み出されたときに、脳に快感を生み出します。

性感マッサージをすると脳内物質『ドーパミン(快感)、セロトニン(安心)、オキシトシン(愛情)』が分泌され、1日30秒のハグでストレスの1/3は解消されてしまうそうです。

そこで恋愛中のスキンシップで分泌される脳内ホルモンについて、詳しく調べてみました。

■幸せホルモンの分泌はさまざま

実は、付き合い期間の長さや、キス 、ハグ、愛撫など、行為によって脳内で分泌される神経伝達物質(別名:幸せホルモン)が異なります。

例えば、過去にマイスピでもご紹介したように、キスでは、オキシトシン、セロトニン、ドーパミンなどの幸せホルモンが分泌されます。ハグではおもにオキシトシン。性的快感を伴う愛撫や挿入行為では、ドーパミン。恋愛初期ではドーパミン。付き合いが長くなると、セロトニンの分泌量が増えていくと言われています。

オキシトシンは「優しい触れ合い」で分泌されるホルモン。お母さんに抱かれている赤ちゃんのような安心感や愛情を感じる時に分泌されます。セロトニンは、心のバランスをとるホルモン。セロトニンが欠乏するとうつ病の原因になると言われています。

ドーパミンは、快感、新しいこと、驚き、達成感などのような刺激で活性化します。一歩間違えると、中毒症状に陥ることも。恋愛初期において、ハラハラドキドキして展開が読めないことがドーパミンを活性化させて、相手に夢中になるのですね。

このドーパミンの分泌が、付き合いが長くなることで落ち着いてくると訪れるのがマンネリ。このマンネリを打破して恋人との関係を持続させるためには、オキシトシンやセロトニンが分泌されるような、愛情に基づく癒し系性感マッサージに徐々にシフトしていくことが大切です。

■キスシーンを見るだけで恋愛力が上がる!

見る時は、「キスをみるぞ、勉強するぞ」という気持ちで見るのではなく、ただ見るだけで良いそう。

「見ることが脳に与える影響というのは非常に大きく、見ている意識がなくても見ているだけで脳が勝手に学習をしています。
テクニックを学ぼうとするのではなく、脳に映像としてイメージを焼き付けることが大事!
良い恋愛のイメージを脳に焼き付けておくと、実際に恋愛していて相手が合わない場合に「これは違うんじゃないか」と気付くことができるようになります。」

そう!美しいキスシーンを見てイメージトレーニングするのが大切です。
“本来の男女間の愛とはこういうものなんだ”ということが脳にイメージとして焼き付けられれば、だめんずもしっかり見極められるようになり、自然とイイ恋愛が出来るようになるはずです。

施術時間・・・3時間~応相談
施術費用・・・無料(ホテル代金のみご負担下さい)

ぽっちゃり☆マッサージご相談

a:575 t:1 y:0

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional