リフレクソロジー 効果 刺激 足裏 反射療法 解消 血行

リフレクソロジー

リフレクソロジーイメージ

リフレクソロジーリフレクソロジー

足裏にある反射区を刺激することにより血行を促進し、身体全体の新陳代謝を活発にさせることで、頭痛・肩こり・腰痛・便秘・肌荒れ・冷え性などの体の不調を解消する施術療法のこと。主に足(手や耳の場合もある)のツボをマッサージする古代中国の技法で、全身のエネルギーの流れを回復させる。
リフレクソロジーは反射療法とも呼ばれ、主に足の裏(手の平等を含む場合もある)の特定部位を押せば体の特定部位に変化が起こる現象を活用し、疲労の改善などをはかる療法である。

リフレクソロジーとは

リフレクソロジーを簡単に説明しますと、
「主に足の裏を刺激しストレスや体の不調部分を解消する健康法」となります。

リフレクソロジーの言葉的な意味は「反射学」、故に反射療法とも呼ばれます。
これは全身の臓器や器官が手や足に反射投影されており、その反射区(※1)を刺激することにより身体の本来持つ自然治癒力(人間の身体に生まれながらに備わる自然に病気を治す機能)を呼び起こす効果があると言われるためです。

※1身体の各器官や各部位につながっている抹消神経が集中しているところ。

リフレクソロジー=足裏、足つぼマッサージ のイメージがありますが、実は足裏以外に、手・顔・耳にも反射区が存在するといわれ、例えば、足を怪我しているような時には代替えで手を刺激して足裏と同様の効果を得ることが可能なようです。

ですが、心臓から最も遠い「第二の心臓」とも呼ばれる足裏を刺激することで、全身の血行を良くすることが可能なため、足裏が一番効果的といわれ、リフレクソロジーサロンでも主に足裏を刺激しています。

リフレクソロジーの効果

まず最初に言えることは、リフレクソロジーの効果には個人差があります。

リフレクソロジーって何ですか?でも解説したように、全身の臓器や器官が手や足に反射投影されており、その反射区を刺激することによって、身体の不調部分やストレス解消、疲労回復の期待がもてます。これらが、リフレクソロジーの主な効果になります。

人間どこかしらは不調な部分はあると思われますが、例えば不調部分がまったくない人がリフレクソロジーの施術を受けた場合の効果は、ストレス解消、リラックス効果、疲労回復などでしょう。

普段から不調部分の多い人がリフレクソロジーの施術を受けた場合は、腰痛や肩凝り、冷え性・肌荒れなどその人が不調に感じていた部分が解消する可能性があり、また、自然治癒力を向上させる効果もあるようで、個人的にはこの効果がリフレクソロジーの醍醐味のように感じます。

リフレクソロジスト

体全体の臓器や器官が反射投影されている足裏の反射区を、指で刺激することによって、心身のリラクゼーションを促し自然治癒力を高める「リフレクソロジー」の専門家。リフレクソロジーには、英国式を主流に台湾式、香港式などがある。公的資格はないが、各養成スクールなどは独自の認定資格制度を設けていることが多い。

施術時間・・・3時間~応相談
施術費用・・・無料(ホテル代金のみご負担下さい)

ぽっちゃり☆マッサージご相談

a:2097 t:1 y:0

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional